スキニースリム:各社の傾向

エドウイン:スキニースリム
エドウインは若い女性向けのライン「ヴィーナスレッグ」「ヴィーナスレッグ・セレブリティー」「ヴィーナスブリス」でスキニースリムを訴求する。
価格は1万500〜1万4700円とプレミアムデニムに比較して安価。
デザイン面や色味でも非常に完成度が高く、スキニースリムは人気が出そうだ。

一方、リーバイスのスキニースリムはトレンド別に複数のレーベルをそろえた「リーバイス レディースタイル」に「タンジェリーナ」を追加、素材や加工で本格的なジーンズの魅力を追求、女性っぽさを出した。
シルエットはブーツカットに加えてスキニースリムを強め、ワイド系を増やした。
トレンド感の強い“ゴールド”で経緯糸に金色の糸を使ったブラックスリムの提案も今シーズンの「一押し」ジーンズとなっている。

スキニースリムの主力「スウィートキャメル」で展開するタカヤ商事のスリムは「究極に細く肌に張り付くような」シルエットのジーンズ。
スキニースリムはただ細いだけではなく、脚が長くすっきりと見えるよう、独自のパターンを今回も使った。
帝人ワオもスキニースリムジーンズの販売に力を入れる。
主力の「ワオ」「ヌブ」両ブランドで、“スキニーレッグ”の商品名で売り出し、スキニースリム売り場を盛り上げる。

スキニースリムのビッグジョンはレディースの「ブラッパーズ」で美脚ブーツカットとスキニースリムの種類を増やした。
なかでもスキニースリムジーンズは“新美脚エレガンス”のカテゴリーの新シルエットとして5アイテムをラインアップした。
そのプロモーションとして東京・青山ベロアで行った独自のショーでは、濃いインディゴデニムのセットアップ、フラップポケット付きのデニム、それにスキニースリムをブーツインで強調、ウエスタンブーツを合わせてボーイッシュにまとめた。

スキニースリム:「スキニー」

スキニースリム:「スキニー」
ファッション雑誌やお店でよく見かける「スキニー」の文字。よく「スキニージーンズ」と言われますが、どんなものなんでしょうか?

スキニースリムは見た感じはスリムではなく、ただの細めのデニムにしか見えないのですが、何か特徴があるのでしょうか?

スキニーは「骨と皮ばかりの」という意味です。
英語だとskinny。
それから転じてスキニーージーンズは肌にぴったりとフィットした、かなりタイトなジーンズのことです。
細いタイプのジーンズは「スリムジーンズ」とよばれていましたが、スキニーはさらにそれより細いということです。

Yahoo!辞書によると、『辛口評論家のなかには、「スリムジーンズ」と「スキニーデニム」とは見た目もそれほど変わるわけではなく、「スタイルが変わる」「商品が新しくなる」といったインパクトを消費者に与えるために新しい用語を考え出しただけである、と批判的なむきもあるとか』
まあ確かにスキニーーとスリムの違いはいまひとつよくわからない・・・ですね。

スキニースリムとスリムジーンズと違うところは、履いたときに足首の辺りがもっとキュっとなっているところ。
丈はちょっとあまるくらいで足首のところでクシュっとするのがかわいいんです!

スキニースリムは普通のスリムデニムより足首に目がいくの足が長く見えるという効果も。
今年の流行りでどこのお店でもおいてあるので、どこが違うのか実際に履き比べてみるといいですよ!

スキニースリムは昨年から欧州で流行し、日本でも春先から先端層に受け入れられたスリム、スキニーの流行が秋から始まりそうだ。
東京では日ごとにスリム、スキニー姿の若者が増えている。
若者向けセレクトショップでは、売れ筋の大半がそれらの商品で占められ、ブーツカットは今や昔といった雰囲気。
スキニースリムは今まではセレクトショップでの展開が中心だったスキニー&スリムだが、NBブランドも今秋から本格展開するところが目立つ。
いよいよ大きな流行となる兆しが見え始めた。

スキニースリム:超スリムなジーンズ

スキニースリム:超スリムなジーンズ
この秋、「スキニー」と呼ばれる超スリムなジーンズが注目を集めている。
ここ数年、すそ 幅が広かったり、色落ちした古着風が人気だったが、スキニーは細く上品な脚線美を 強調して新鮮だ。

スキニーとは、英語で「皮膚状の」「ほっそりとした」という意味で、脚にぴったりくっついたような超スリムなジーンズ。
すそ幅は普通のジーンズが十九センチ前後なのに比べ、 スキニーが12−14センチと極端に細いのも特徴だ。

スキニースリムとは「足元をたるませてはくと、足が 長く見え、かかとの高い靴とも合わせやすく、おしゃれに見える」という。
昨年から米国で スーパーモデルや人気女優がはくようになり、人気に火が付いた。
スキニースリムは日本でも今年から 雑誌などで取り上げられ、注目された。

伊勢丹本店の売り場では今春から、海外ブランドのスキニージーンズを置いた。
米国の 「Jブランド」のスキニー(24990円)は一週間で約200本売り上げ、一位を占めた。
色はほとんど色落ち加工をしていない濃いブルーや黒が人気。現在も、ジーンズの売り 上げの約4割がスキニーという。

スキニースリムは昨年まで、脚が長く見えるブーツカットや、ひざが破けたり、わざと色落ちを施した古着風 のジーンズが売れていた。
伊勢丹の桜井俊晴バイヤーは「ブーツカットは長く人気があり 、みんな持っている。
その反動からスキニーの細さが新鮮に映るようだ」と魅力を語る。

スキニーに合わせるなら、ワンピース以外にもトップスに大ぶりのアクセサリーやベルト でポイントをつけるとおしゃれ。
足元は、パンプスなどかかとの高い靴に、スキニーの すそをひっかけると脚が長く見える。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。